• 元町珈琲とは
  • メニューの特徴
  • 元町珈琲の事業概要
  • フランチャイズの内容
  • 研修・サポート
  • 費用・モデルケース
  • オープンまでの流れ
  • 元町珈琲企業説明会 店舗視察ツアー
  • フランチャイズNEWS 登録はこちら
  • フランチャイズ特別情報
  • FCオーナー様の声
  • よくある質問
  • 資料ダウンロード

元町珈琲サイトトップ 会社情報 株式会社スイートスタイル

Home > FCオーナー様の声<1>

FCオーナー様の声

Page1 Page2

元町珈琲のFC加盟店になろうと思われたきっかけは何ですか?

私どもは本屋という物販を行っていますが、本の品揃えや人気本を用意するだけでは、これからの商売の継続が厳しいと感じておりました。そこで、場を通じて新しい付加価値サービスができないかと思案する中、その一つとして喫茶という時間の過ごし方提案を目指すことになり、元町珈琲のFC加盟をさせて頂きました。

元町珈琲を選ばれた主な理由は何ですか?

理由は2つあります。一つは、本屋の中にある喫茶という要素レベルではなく、単体の喫茶店舗として成立する魅力ある店舗であるのか?という基準と、自分が楽しめるか?自分が行ってみたいか?という観点で見た場合、やはり元町珈琲には沢山の魅力があると感じ、他の普通の珈琲チェーン店ではなく、元町珈琲を選ばせて頂きました。

元町珈琲を既に3店舗経営して頂いておりますが、開業に向けて心配であった事は?

全部ですね(笑)本屋といっても、マンガ喫茶は出店したことありますが、私ども物販業ですので、飲食店は全くの素人でしたから、ノウハウがある会社にお願いするしかなかったです。

元町珈琲本部サポートに対しまして、先のご質問の心配は解消されましたか?

私どもの元町珈琲3店舗につきましては、それぞれの店舗の収益性、完成度から見ても満足しております。そして、チェーンオペレーションシステム向上への期待は、フランチャイジーとして、当然、求め続けたいと思っております。チェーン本部としてのスタンダードはある程度安心しております。

林社長にとって、元町珈琲の魅力とは何ですか?

はい、店内でご利用されているお客様の笑顔であるとか、会話をされているシーンが、とても美しいと感じております。又、地域の方々のコミュニティーとして活用されていることは、ある意味、書店のビジネスに類似するところもあり、もっと多くの方に利用して頂ければと願っております。そうした意味でも元町珈琲の魅力を感じますね。

元町珈琲を経営して、ご自分が誇りに思える所は?

勿論、地域の方々の社交場的な存在で、お喜び頂いている店舗を経営して実感があることには、とても誇りに感じております。でもそれ以上に、良いパートナー企業をアライアンスとして選択出来たこと、同じ価値観を共有できる"元町珈琲(株式会社スイートスタイル)"を見つけ、提携関係まで実施できた当社の事業部長を誇りに思いますね(笑)

異業種参入という背景から、元町珈琲を出店して社員の方々が何か変わったことは?

自分たちは今まで通り、単にモノを売っていれば良いというサービスから、自分達が担当している店舗の付加価値を考えること、例えば、店舗での時間の過ごし方の提案、サービス、飲食等の考える幅を広げるきっかけとなりました。異業種への抵抗感なども、こうした事から軽減していったと思います。

林社長は、次の元町珈琲出店のご準備もありますが、今後の出店目標は何店舗ですか?

出店数を考えますと、どの期間で達成すべきかと考えてしまいますね。それより大事なことは、今の元町珈琲の価値観を、より多くのお客様と運営側が持ち、広げられること出来るのかと考えております。その結果、何店舗まで出店できるのか?を目指したいと思います。

今後、ご自身の店舗、グループの元町珈琲をどのように発展させたいですか?

元町珈琲という店名が、誰もが知っている存在になってもらうことでしょうかね。そうなると嬉しいです。

元町珈琲のFC本部にもっと期待したい事はありますか?

運営側としては、オペレーションノウハウの共有。各店で得た経験と成功例を本部でシステム化し、元町珈琲全店で共有できたらいいですね。自社の経営側で言えば、本屋ですから、御社の得意とする"ベーカリーの麻布十番モンタボー"と"元町珈琲"を書店とコラボできるパッケージの開発をして頂ければ、全国2000の書店に売り込みたいですね(笑)

この度は、お忙しい中お時間を頂き誠にありがとう御座いました。

ページの先頭へ

株式会社スイートスタイルおいしいパンは人を幸せにします。麻布十番 モンタボーおいしいコーヒー 元町珈琲